桜ヶ丘の農道改良工事の安全パトロール

6月26日 別海の桜ヶ丘、農道改良工事現場へ安全パトロール。


この日は気温が25℃後半はあり、風が吹いても生暖かかったです。
道路の両側には木が生い茂ってますが、午前中の時点で日陰がなく、現場に従事する方の熱中症対策も必要です。

作業区域の関係で片側交互通行に。
誘導員も配置し車両等が通行する際は、笛の合図で周囲の作業員にも知らせています。
法面の表土を剥いでいるので、舗装部分が狭く感じ、車両通行の際は特に気を付けています。
通行の際も徐行をお願いし、お互いが気を付けることで、安全に作業ができています。

法面整形作業状況です。
バックホウのブームの上には3本の電線があるので、架空線に接触しないよう周囲に『架空線注意』ののぼりを立て、注意しながらの作業です。
現場ではバリケードではなく、カラーコーンを使用しています。
法面作業の関係で車線幅が狭く感じられるので、カラーコーンでスマートに。そして、作業形態を変更した際も作業区域を簡単に区分できるからです。

落石漁港工事の安全パトロール

5月30日、落石漁港工事現場へ安全パトロール。
天気も良く港も穏やかです。


この時の作業は、試験掘り。
埋設されている管の位置を調査するためです。

作業区域はカラーコーンで囲い安全対策してありました。

グラウンド整備と感謝状

5月23日に隣の海星小中学校で、グランド整備を行いました。
毎年恒例のこの活動は26年目です。


今年は社員19人が参加し小石拾い。
横一列に並んでのローリング作戦で拾っているのでが、下向いての作業なので、ふと顔を上げるとみんなバラバラの方向になってます。


中盤からタイヤローラー登場。広いグラウンドの隅々まで転圧。


去年は風が冷たく少し寒かったのですが、今年は晴れて気温もあり、終わる頃には暑かったです。
ちょうど一か月後に運動会があります。
生徒たちが怪我なく安全にグラウンドを利用できるよう、今年も心を込めて作業しました。

5月31日 根室市石垣市長から、これまでの活動の感謝状をいただきました。
地域の方々に貢献できるよう、今後も継続して活動を続けていきたいです。

 

安全衛生協議会

4月25日に協力会社の安全担当者を含む約60人が参加し、安全衛生協議会を開きました。
社長の山下が、昨年度も労働災害ゼロを達成したことを報告。
国の働き方改革による業界の休日確保対策への対応、発注官庁との連絡を密にし完全実施に向けて本気で向き合っていただきたいと話し、「労働時間短縮と労働災害撲滅を目指し、今年度も皆さまのご協力をお願いします。今年度もご安全に」と呼び掛けました。

 

30年度の安全表彰では、工事の現場代理人と協力会社に感謝状の贈呈

 

根室警察署、根室市消防署、根室海上保安部による安全講話

 

30年度の反省及び令和元年度の安全目標の発表

 

交通安全宣言、労働災害防止安全宣言

 

協議会に参加し、無事故・無災害に向けて気持ちが引き締まりました。

道路改良工事 竣工

会社前の花咲港温根沼線の道路改良工事が竣工しました。
地域住民の方々、道路走行車両の方々のご協力で、
無事故・無災害で工事が竣工できました。
どうもありがとうございました。

納沙布岬灯台敷地工事 竣工

納沙布岬灯台の敷地崩落箇所復旧工事が竣工しました。


南側の斜面崩落箇所。
[施工前]


[施工後]
下段を石かご、上段の緑色の面は特殊かごで復旧しました。


北側の斜面崩落箇所。
[施工前]

[施工後]
南側と同じように、下段を石かご、上段の緑色の面は特殊かごで復旧しました。

構内は砂利だった敷地に舗装をかけました。

地域住民の方々、観光にいらした方々のご協力で、
無事故・無災害で工事が竣工できました。
どうもありがとうございました。

納沙布岬灯台敷地工事の安全パトロール

今月は、納沙布岬灯台の敷地崩落箇所復旧工事の安全パトロールに行きました。
クレーンのブーム先の下が北側の斜面崩落箇所です。

斜面になるように石かごを設置しています。
目の前の海では、コンブ漁の船がたくさんいました。

灯台を背に工事作業ヤード全体です。
地上で石かごを製作し、クレーンで斜面まで吊り、下して設置しています。

7月に来たときに施工していた南側の崩落した箇所は、施工したことで復旧し斜面になっていました。

オーロラタワーと四島のかけはし。

天気がとても良く、北方領土の貝殻島灯台も見えました。
こうして見ると、本当に近いなと感じました。