桜からつつじへ

会社の敷地内で咲く桜。5月18日に撮影。
春だ。

と思っていたら、桜の開花時期は短く。
気が付いたら散っていました…。

次は、つつじが咲きました。6月6日に撮影。
ボリュームがあり、枝がぼんぼり状態です。


オレンジ色のつつじの次は、白色が咲きました。6月17日に撮影。
こちらも同様にボリュームがあり、枝がぼんぼり状態、そして密です。
桜の時期もあっという間に過ぎ、
気付くと6月も終わりに近づいて時間の流れは早く、
もう今年に入り半年が経とうとしています。
最近は雨続きで曇り時間が多いですが、
晴れている時間は、オレンジ色と白色のつつじが気分を明るく上げてくれます。

キャップやリングプル等を寄贈

昨年の10月末頃の話です。
集めたペットボトルキャップ、リングプル、使用済み切手を
根室市社会福祉協議会に寄贈させて頂きました。

この取組みは、2010年から行っており5回目。
前回から4年間をかけて、キャップ308.8kg、リングプル20kg、使用済み切手6,400枚を集まりました。
これらはリサイクル品として換金され、障がい者等の就労支援事業所の
運営費に充てたり、車いす購入などに利用してもらえます。

こんなに集めれたのは、社内での回収と、

各工事現場事務所に回収箱を設置しているのと、
取組みを知った方からの協力で、より多く集めることができました。


キャップ計測状況です。
体重計にカゴを乗せ、ダンボールの中に入れた袋に詰めたキャップを計測。
重さを量って集計しました。今回はこの袋で56袋分集まりました。
リングプルも同様に計測。

計測後、キャップは保管庫、リングプルはダンボールのまま重ねて保管しています。
今回も含めて計5回で、
キャップは約31万2000個、リングプル144kg、使用済み切手2万1100枚となりました。
当社は地域に貢献できることは、できるだけやっていく考えです。
これからも社員一丸で取組みを継続していきます。

社長が参加のグラウンド整備

5月22日に隣の海星小中学校で、グランド整備を行いました。
毎年恒例のこの活動は27年目です。

まずは朝礼から。
参加者はソーシャルディスタンスをし、ヘルメットと軍手、マスク着用を確認。
リーダーからは、今日の作業内容と注意事項を確認。
工事のときもそうですが、複数の方が係って作業する際は一同集合し、
内容を確認し合うことで、協力体制ができ良い仕事につながります。


社長をはじめ社員25人が参加し小石拾い。
例年この時期は各所属団体の総会会議があり、地方出張続きなのですが、
今年は新型コロナウイルスの影響で総会が中止。
久しぶりに参加することができた赤い防寒服を着た社長です。
他の者も防寒服を着用。今年は曇りで外気温が7℃と少し寒かったです。


最後は、重機課の方が運転するタイヤローラーでグラウンドの隅々まで転圧。
今年は運動会が中止と決まりましたが、長期の臨時休校で思いっきり身体を動かすことができなかった生徒たちが、このグランウドで元気に遊べるようになって欲しいと思いながら活動しました。
【余談】

いろいろな重機を操作できる運転資格を取得して、
このような大きな重機を操作してみたいですね。