草地改良工事の安全パトロール

根室市内にある牧場へ安全パトロールです。

この工事では、牧草地の土を改良し種子を蒔いて、質の良い牧草を作ります。
酪農家さんがおいしい牛乳等を生産するためには、牛に質の良い牧草を食べてもらうのが大切だからです。

シートの中に入っているものが、工事の主役となる種子と肥料を混ぜたもので、画像に写っているのが1ヘクタール分の量です。

トラクタに装着したブロードキャスターに入れて種を蒔きます。

工事の工程としては、施工箇所の牧草地を圃場(ほじょう)と呼ぶのですが、まず土を掘り起こし、ほぐして平らにします。
土は酸性状態なので、肥料を撒いて中和させ、また平らにします。
種子と肥料を混ぜたものを蒔き、風や雨で流れないように、トラクタにローラーを装着して鎮圧します。
そして、発芽。
牧草の生育状況も管理し、完成となります。

1回の工事で、複数の酪農家の牧場を施工をするので、圃場の出入り口には、このようなのぼり旗がたっており、目印となります。

見かけたら、草地改良工事の作業しているのかな?と思ってください。

納沙布岬灯台敷地 工事期間中 立入禁止となります

平成28年8月の台風で納沙布岬灯台の敷地 北側と南側の斜面が崩壊。
現在、崩落箇所の復旧及び構内舗装工事を施工中です。

重機による施工・ダンプトラック等の工事車両が通行しますので、工事期間中は、敷地内を立入禁止となっております。
皆様のご協力をお願いいたします。

立入禁止期間  平成30年7月17日~平成30年12月28日

南側の崩落した斜面。

7月27日 南側の崩落斜面下で、バックホウで石を砕いている作業状況。