全国労働衛生週間への取組について

1. 趣  旨
全国労働衛生週間は、国民の労働衛生に関する意識を高揚させ、事業場における自主的労働衛生管理活動を通じた労働者の健康確保に大きな役割を果たしている。今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた副スローガンとして「うつらぬうつさぬルールとともにみんなで守る健康職場」と設けられております。
弊社も事業の安定的な継続を果たすために、上記の趣旨に賛同し、健康の確保と感染症拡大防止するための取組を行うこととします。

2. スローガン
主:「向き合おう!こころとからだの健康管理」
副:「うつらぬうつさぬルールとともにみんなで守る健康職場」

3. 期  間
令和3年10月1日~7日

4. 主 唱 者
厚生労働省、中央労働災害防止協会

5. 実施事項
労働衛生水準の向上及び労働衛生意識の
高揚を図るために次の事項を実施する。

ア) 事業者又は総括安全衛生管理者による職場巡視

イ) 労働衛生旗の掲揚及びスローガン等の掲示

ウ) 労働衛生に関する優良職場、功績者等の表彰

エ) 有害物の漏えい事故、酸素欠乏症等による
事故等緊急時の災害を想定した実地訓練等の実施

オ) 労働衛生に関する講習会・見学会等の開催、
作文・写真・標語等の掲示、
その他労働衛生の意識高揚のための行事等の実施

実施項目詳細

ア) 事業者又は総括安全衛生管理者による職場巡視
・ 山下社長によるトップパトロールの実施

イ) 労働衛生旗の掲揚及びスローガン等の掲示
・ 現場の労働衛生旗及び安全掲示板を確認

ウ) 労働衛生に関する優良職場、功績者等の表彰
・ 現場の中から優れたコロナ対策を実施している現場を表彰

エ) 酸素欠乏症等による事故等緊急時の災害を想定した実地訓練等の実施
・ 起重機船「海皇」にて防災訓練の実施

オ) 労働衛生に関する講習会等の開催
・ ZOOMにてメンタルヘルスケアの講習会